抜毛症相談事例①

小学校6年生の頃から抜毛症(トリコチロマニア)になり、中学3年頃で一旦治りました。
社会人になりストレスで再発し、出産時の抜け毛から加速してしまいました。
今では前髪、頭頂部、が薄く地肌が見えています。美容院に行くのも気が引けて後ろだけ伸びて、毎日ウイッグ被っての生活です。
仕事中も正直気が引けます。子供も大きくなり、子供の為に本当に治したいです。この状態を本当に抜け出したいので、お力貸してもらえませんでしょうか?

抜毛症相談事例②

最近、自分が「抜毛症」であることを知りました。
私が小さい頃は情報が無く、回りと比べることしかできずただただ自分が気持ち悪くて仕方がありせんでした。
またこの癖が嫌で色んなものから逃げて、隠れてるばかりです。
新しいウィッグの購入を検討してるときに思い立ち、まず根本を見直すべきではと考えました。

ただ単に前に進みたい。
そのために連絡をいれました。

お話を聞いて頂きたいです。
是非お力を貸してほしいです

抜毛症相談事例③

抜毛症なのは小学校4年生の私の娘です。
3年生の10月頃から抜き始め、現在耳の周りの髪がありません
小学校の先生と相談し先生に注視してもらいました。
最近抜いた髪も伸び安心していましたが

4年生の5月。6月が始まって間もない頃です。
それからも、少しずつ抜くのがやめられず、頭の左側が全体的に薄くなってきました。
これ以上抜いてしまうと、ヘアアレンジでは隠しきれません。
近所の心療内科を受診することも検討しているのですが、不安です
早く、抜く行為を抑えてあげたいです。